記事一覧

症例説明会開催

ファイル 77-1.jpgファイル 77-2.jpgファイル 77-3.jpg

7月になりました。地域の皆さま、患者様、いかがお過ごしでしょうか。
梅雨明けがまだ発表になりませんが、最近の突然降る豪雨については職員も患者さんも大変困っているようです。辻仲病院柏の葉では6月1日より、駐車場を病院の斜向かいに移設したことで、足場を良くして少しは雨による影響を抑えてはいますが、それでも横殴りの雨はお年寄りや体の不自由な方を悩ませています。雨が降った場合は病院玄関でタオルなど用意しておりますので、安心してご来院頂ければと存じます。
さて、昨日7月14日に辻仲病院の症例説明会を開催しました。柏市を中心に病院、クリニックの先生が15名お越しいただきまして、当院の症例を説明しつつ地域連携を築かせていただきました。消化器外科の前田先生、大腸肛門外科・臓器脱の赤木先生、緩和ケアの関谷先生に発表していただきました。前田先生は病院概要を丁寧に説明しつつ、現在消化器外科で行われている最先端の症例、データを余す頃なくプレゼンしていただきました。また赤木先生の臓器脱についても非常に注目され、関心度が高い発表となりました。関谷先生の緩和ケアの話も、コンセプトからケアの詳細、設備に至るまで細かく発表していただき、開業医の先生方も納得されていたようでした。そのあとの懇親会も、辻仲病院の常勤の医師たちが、熱心に症例の説明や自己紹介を行い、この地区の医療の充実に貢献しようという気持ちがつたわったと思います。昨夜は診療のあと、夜遅い時間でお忙しい中、お越し頂きました先生方には本当に感謝いたします。この場を借りて御礼申し上げます。次回も楽しみにしておりますので、ご参加いただければと思います。また患者さん向けのセミナーも年内に予定しておりますので、その際はどうぞご参加ください。最後に辻仲病院のモットーに5Sというのがあります。職員全体では、この5つのSはスマイル、サービス、スピード、サティスファクション:満足、シンサリティ:真心、をですが、うちの医師たちには 我が病院の良医は、健康、健全、研鑽、謙虚、献身の5Kを心得るようにと話しています。
また次回のブログでお会いしましょう。