記事一覧

創業者初代院長 辻仲康伸

【略歴】
昭和23年、大阪に生まれる。
横浜市立大学医学部を卒業後、同大学医学部第二外科に所属し、大腸がんを中心とした消化器外科の大腸肛門病の臨床・研究に従事する。
昭和59年には、シカゴ大学において小腸移植を中心に腸管の病態生理の研究を行う。
その後も大腸肛門病を専門的に研究をつづけ、昭和63年、東葛辻仲病院を開設。
開院以来、肛門手術など約14,000件の手術実績がある(平成20年2月現在)。
平成20年4月 日本中国大腸肛門病学術交流会代表世話人就任。

【経歴】
昭和50年 横浜市大医学部卒業
昭和50年6月-51年5月 横浜市立大学病院研修後第2外科学教室入局
昭和51年6月-53年5月 横須賀共済病院外科
昭和53年6月-55年5月 横浜市大第2外科
昭和55年6月-57年5月 横浜市大病院中検病理
昭和57年6月-60年5月 横浜掖済会病院外科
昭和60年7月-61年7月 シカゴ大学外科
昭和61年8月-63年7月 松島病院肛門科
昭和63年9月 東葛辻仲病院開設
平成21年6月 辻仲病院柏の葉開設