記事一覧

直腸膣瘻

最近、当院を訪れる直腸膣瘻の患者さんが増えています。他の病院で治療に失敗した例が殆んどで、中には3回も4回も手術された後に来院される方もいます。
 直腸膣瘻はお産の時の切開と不完全縫合で生じることが殆んどですが、クローン病や外傷などが原因である事があります。
膣瘻の位置により、高位(子宮に近い)、中位(膣中部)、低位(肛門管直上)に分けられます。高位は開腹手術により比較的に容易に治療させ得ます。中位については、経膣的に膣粘膜、直腸膣中隔、直腸粘膜を縫合して治しますが、直腸膣中隔が薄い場合は吸収性のバイオメッシュで補強することもあります。これらはいずれも全体麻酔で行なわれます。
一方、低位直腸膣瘻は初回治療が最も大切です。単純に瘻を切開、括約筋を切断して層々に縫合することが多いようです。
しかし、再発する場合も多く、そのような方が来院されます。
人工肛門を一時的に設置することが多いのも特徴的です。
 当院では比較的瘢痕の小さい例では、直腸移動弁修復術や浅い直腸膣瘻では組織吸収性のプラグメッシュを挿入し、瘻孔を充填して閉鎖することも行っています。人工肛門を限ずしも設置しなくても良いこともありますが、ケースによります。このタイプは腰椎麻酔で可能です。
 当院では、このようなケースの治療を多く経験しており、そして、多くの患者さんは最終的に治癒しています。
お悩みの方は辻仲まで御相談においで下さい。

骨盤臓器脱とは

骨盤臓器脱とは、子宮脱、膀胱脱、直腸脱、直腸瘤、膣脱など会陰や骨盤底を支持する組組が緩んで生じる病態です。
それぞれ良性のものですが、ひどくなると生活に支障を来たします、従って、これらの骨盤臓器脱には、以前より種々な治療法が施行されてきました。当院では、ダイナミックシネデフェコグラフィー(排便造影の一種)やMRIによる病態の正確な診断も行って最新治療(GYNEMESHなどによる固定術やTVT手術)を取り入れて、できるだけ低侵襲な手術を施行して行きます。

痔の治療やってます!

辻仲病院柏の葉では、東葛辻仲病院(我孫子)の医療サービスをそのまま継承(技術及びスタッフ)しております。
すなわち、柏の葉の地のおいても、大腸肛門病において国内有数の専門病院の診療がそのまま受けられるわけでです。
特に、他では治療が受けられない「痔の難病」治療に関しては、絶対の自信があります。

外来診療について

6月1日開院以来、大腸肛門病外来(専門医 指導医)常に3名で診療に当たり、午前、午後に痔疾患の手術をベテラン医が中心になって行っています。
今日から漢方外来が始まります。
千葉大学の西先生が担当されます。
西洋医学と日中の漢方医学の融合を図り、患者さんのベストな治療をすることになります。

辻仲病院柏の葉 開院

6月1日、辻仲病院開院いたしました。
胃・大腸とともに骨盤内臓器全体を診る病院として、地域の皆様の健康にお役に立つことはもちろんですが、国際水準の専門的治療を目指して、今後努力してまいりますので「辻仲病院柏の葉」をどうぞよろしくお願いします。

ホームページ リニューアル

開院に向けて、辻仲病院柏の葉ホームページをリニューアルしました。まだまだ、十分な内容ではなくリンクさせれいないページもありますが、随時更新してまいります。

開院まで、カウントダウン状態になりました。
万全な体制で取り組むため、スタッフは夜遅くまで準備をしております。もうまもなくです…

開院式典

5月25日(日)に辻仲病院柏の葉の病院内で、270名を超えるご来賓の方々のもと、開院式典が盛大に行われました。
海外からの来賓者にも、「まるでホテルのような病院だ!」との絶賛をいただきました。
この模様は、後日アップします。

4th CDSTシンポジウム

さる、5月24日(土)に銀座 時事ホールにて、4th CDSTシンポジウムが開催されました。
各国の著名な大腸肛門病学の教授が今年も多数集まり、活発な討論が行われました。

CDSTサイト http://www.gpro.com/ccfsympotokyo/

開院まで、あと2週間!

ファイル 18-1.jpgファイル 18-2.jpgファイル 18-3.jpgファイル 18-4.jpg

スタッフに新しい入職者が多数加わり、辻仲病院柏の葉はフレッシュかつエネルギッシュに活動しております。
現在、仮患者を要しての実際と同様なオペレーションや電子カルテの運用など、病院としての機能作りに毎日取り組んでおります。
まさしくゼロからのスタートですので、相当な労力が必要とします、東葛辻仲病院(我孫子)でのノウハウをもとに、新しい活力をプラスして、すべてにおいて誇れる病院づくりを目指して、まい進しております。

また、5月23日(土)には、銀座にてCDST国際シンポジウム
5月24日(日)には、開院式典といった、スケジュール満載です。

一般開放日(病院見学)のご案内

新病院 地域住民の方への一般開放日(病院見学)のご案内

2009年5月26日(火) 午後14時~17時

場所、連絡先に関しては当ホームページの案内図をご覧ください。問い合わせ先 辻仲病院柏の葉 総務課 04-7137-6270