頭痛・めまいの専門外来

分け隔てなく、親切、丁寧かつ的確な診療をモットーとします
 
本邦において、寝たきりの3割を占める脳卒中は、認知症の急速な増加(2015年350万人)と共に大きな医療社会問題となっています。

このような疾病を取り巻く社会情勢を背景に、当院では、地域の皆様に寄り添うべく「頭痛とめまいの専門外来」を開設しました。予防的診療を主体に「頭痛」、「めまい」はもとより様々な病態に対応いたします。

主な診療対象

脳卒中(脳の血管障害)、脳腫瘍、頭部外傷、顔面けいれん・顔面痛、認知症(その原因となり得る水頭症)等があります。

これらの病気に不安な方に受診をお勧めします。

診療の特徴

頭痛、めまいについて

「頭痛」、「めまい」はよくある症状で、これらはすぐに命に関わるものではないと思われがちです。しかし、重い症状が原因で引き起こされていることもあり、注意が必要です。
  
当院の頭痛・めまい専門外来は、原因診断を第一に考えており、どのような症状でも丁寧な診察を心がけています。当院での治療・処置が難しいと判断された場合は、医師の判断医より最適な病院をご紹介しています。
 

ボトックス治療について

眼瞼けいれん(がんけんけいれん)、片側顔面けいれん(へんそくがんめんけいれん)に対するボトックス治療を行っています。これらの疾患は、特に中高年の女性に多く見られます。自然に治る病気ではありませんので、こんな症状がありましたら、お早めにご相談ください。

  • まぶしい
  • まばたきの回数が多くなった
  • 片目をつぶってしまう 
  • まぶたがピクピクする
  • 口元がピクピクする

 
ボトックス治療とは、注射により症状を一時的(3~4か月)になくす治療です。副作用はなく、患者さんへの負担も少ないことから、生活の質の改善に役立てて頂けます。あくまで症状をなくす治療のため、根本的な治療は専門医をご紹介しています。

担当医

  • 稲葉 泉

 
【認定資格・所属学会】
日本脳神経外科学会 専門医・指導医、評議員
日本脳卒中学会 専門医
元世界脳神経外科連盟(WFNS)脳卒中部門委員

診療時間

第2、第3土曜日 9:00~12:00、13:30~17:00

診療担当医表はこちらから

 
*頭痛・めまいの専門外来は、初診・再診とも予約制となっております。ご予約・変更については、電話予約センターをご利用ください。

各科お知らせ

PDF形式の文書閲覧について

Adobe Acrobat Reader DC のダウンロードはこちらから。 PDF形式の文書閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。アドビシステムズ社より無償配布されておりますので、このスペース中のバナーをクリックしてリンク先からダウンロード願います。