当院の肛門診療をもっと知る

豊富な肛門手術実績をもつ辻仲病院グループですが、手術症例を支えるのは質の高い外来診察に支えられてのこと。

他の病院で痔の手術をしたけれど、「術後心配になったので、術後だけでも見てほしい」という患者さんも多数受診されます。そのようなご要望にもお答えしますが、どんな医師にも術後の傷をなかったことにはできません。治療前に不安があれば、ぜひ当院にご相談ください。

また、膨大な症例を経験している医師の技量もさることながら、グループのノウハウを結集して作られた当院の外来診察室には、肛門診療ならではの工夫が散りばめられています。肛門の診察は痛そう、恥ずかしいと考える患者さんに出来る限り配慮したつくりになっています。

当院の肛門診療の特徴は、「的確な診断」「痛みへの配慮」「恥ずかしさへの配慮」です。

的確な診断

特徴1 肛門診療に特化した検査

通常の直腸診、肛門鏡診察が基本ではありますが、必要に応じて色々な機械を用いて診断を行う必要があります。当院では肛門超音波、肛門内圧検査、MRIなど肛門診察に必要な検査が数多くできます。

また、検査は機械のみが重要でなく、目的に合わせて適切に検査を行う技術、結果を解釈する経験が必要になります。日本有数の肛門疾患の症例数を誇る当院ではそのどちらも兼ね備えております。

特徴2 腸管からの出血にも対応

肛門からの出血、腸管からの出血を区別することは熟練の大腸・肛門外科医にもできないことがあります。仮に多量に腸管からの出血が疑われる際には、大腸内視鏡検査を行うこともできます。

通常の施設では検査の受け入れ件数が限られており、緊急の内視鏡に制限がありますが、1日75件以上の内視鏡検査を行っている当院にとっては、緊急内視鏡は日常茶飯事です。

また、大腸がんを否定できない場合にもできるだけ早く内視鏡検査を行うように検査スケジュールを調節して、患者さんの不利益にならないように配慮しています。

痛みへの配慮

特徴3 様々な種類の肛門鏡がある

年齢、肛門の狭窄具合などによりそれぞれ適切な肛門鏡があります。通常の外科外来では十分な種類の肛門鏡がなく、そもそも肛門観察自体ができない場合もありますが、当院では多数の肛門鏡を準備しております。

特にデジタル肛門鏡はご自身の肛門所見を一緒に観察することができ、ご好評いただいております。当院では2台のデジタル肛門鏡があります。デジタル肛門鏡で診察をご希望の際は診察の際にご連絡ください。

特徴4 症状が強い場合は即日入院手術も可能

血栓性外痔核、肛門周囲膿瘍など、外来の局所麻酔で手術可能な場合は外来で診察したまま治療して、治療後に帰宅していただいています。

しかしながら、症状の強い嵌頓痔核、深い膿瘍形成など、腰椎麻酔が必要になるものもあります。そういった疾患の際も、入院設備が整い、毎日手術が可能な当院では緊急手術での比較的大きい肛門手術も可能です。

恥ずかしさへの配慮

特徴5 明るい診察室

肛門科と聞くと、暗いイメージを持たれる患者さんが多いのか、当院の明るく、開放的な病院の雰囲気に驚かれる患者さんが多数いらっしゃいます。

特徴6 診察室内での配慮

診察室内でも極力、患者さんに配慮した努力を行っています。医師のすぐそばで着替えを強要するような診察室もありますが、当院では診察台周囲にカーテンを使うことで、着替えなどをご自身のペースで行っていただけます。

また、実際の診察に際しては看護師が同席しており患者さんの様子を観察しながら診察、治療を進めていきます。

 
「当院の肛門診療をもっと知る」文責 外科 森田洋平