緩和ケア

緩和ケア内科

緩和ケア内科

緩和ケアとは、がんなどの病気で苦しむ患者さん一人ひとりが最期までその人らしく過ごすことが出来るよう行う治療・症状緩和のことです。

患者さんのがんによる痛み、吐き気、息苦しさなどのさまざまな身体的症状や精神的な苦痛をやわらげるだけでなく、ご家族の心理的、社会的な苦しみを和らげ、生活の質(QOL)を維持、向上し、患者さんとそのご家族が大切な時間を過ごしていただくようお手伝いします。

症状が安定し、ご本人やご家族が在宅療養を希望される場合には、在宅療養に向けたご準備のお手伝いもさせていただきます。その際には、地域のクリニックの訪問診療もしくは当院緩和ケア外来への通院をご選択いただくことが可能です。また、訪問看護ステーションにおける訪問看護や介護保険を利用した在宅ケアのご利用におけるご準備も併せてお手伝いいたします。

患者さんが穏やかに過ごせるようご家族も含めて支援していくことも大切な役割となっています。

緩和ケア病棟

当院の緩和ケア病棟では、より質の高い医療サービスの提供をこころがけています。緩和ケア専門医、緩和ケア認定看護師はもちろんのこと、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーなどの緩和ケアチームスタッフが協力して診療にあたります。

辻仲病院柏の葉らしい快適で清潔な病棟居住スペースに加えて、緩和ケアチームのスタッフが患者さん一人一人やそのご家族と寄り添うケアを実践してまいります。

また同じ柏市に国立がん研究センター東病院や東京慈恵会医科大学附属柏病院などが存在するため地理的立地を活かした医療連携を積極的に推進することが可能です。

入棟基準

  1. 悪性疾患である
  2. 悪性疾患に由来する精神的または身体的症状がある
  3. 患者が緩和ケア病棟入院を希望している

退棟基準

  1. 精神的または身体的症状が緩和され、入院の必要がなくなったとき
  2. 患者が退院を希望したとき

入院の流れ

入院の流れ

病棟紹介

病棟紹介

デイルーム

デイルーム

ご家族やご友人とゆったりと過ごしていただける空間です。

キッチン

キッチン

デイルーム内にはキッチンがあり、ご家族の手料理を作ることもできます。

病室

病室

24床ある病室はすべて個室となっております。また、ご家族が宿泊できる控室もございます。

面談室

面談室

同じフロアで診察が可能です。プライバシーにも配慮した同室では今後の治療方針についても相談できます。

介助浴室

介助浴室

寝たままでもゆったりと安心した環境で入浴できる介助浴室もご利用いただけます。

病棟見学について

患者さん・ご家族で見学を希望される場合は、ご予約をお願いします。日曜・祝日、年末年始の見学は行っておりません。

行事・イベント

  • 市民・ご家族向け公開講座
  • がん患者・家族の会
  • 新年会
  • 暑気払い
  • 音楽会、コンサート
  • クリスマス会

緩和ケア外来

緩和ケア外来では、ご自宅で療養している患者さんに通院していただきます。辛い症状を緩和して、穏やかな日々の生活が出来るよう支援します。がんの治療中の患者さんには、治療に伴う症状を緩和して十分な治療が続けられるよう応援します。

1回30分の時間をとって、ゆっくりお話をうかがいます。

診療時間

火・木曜日 13:00~16:00
土曜日 9:00~12:00

 

診療担当医表はこちらから

 
*緩和ケア外来は、初診・再診とも予約制となっております。

緩和ケアの外来予約・ご相談

医療相談室では、緩和ケア外来の初診の予約、緩和ケアに関するご相談を受け付けております。再診のご予約・変更については、電話予約センターをご利用ください。

受付先

医療相談室 TEL:04-7137-3003(担当者PHS直通)
予約受付時間 9:00~16:30(日曜・祝日、年末年始は除く)

緩和ケアスタッフ

緩和ケア病棟・外来担当医

当院の緩和ケア病棟では、がん患者さん・ご家族の苦痛や悩みを、可能な限り和らげるようお世話させていただきます。

患者さんやご家族の大切な時間を少しでも楽に過ごしていただけるように、医師、看護師をはじめ、薬剤師、管理栄養士、ソーシャルワーカーなどのさまざまなスタッフがあたたかく思いやりのある医療とケアを提供し、ゆったりと過ごしていただける療養環境を整備しています。お気軽に当院にご相談ください。

緩和ケアチーム

当院では、緩和ケア認定看護師をはじめ専門的な緩和ケア治療、緩和ケアの経験を積んだスタッフがチームを組んで次の事項を行います。

  1. 疼痛や不快な症状の緩和に努めます。
  2. 患者様及びご家族の精神的なサポートに努めます。
  3. 入院中の居住環境を快適なものにします。 食堂、キッチン、デイルーム、家族室を備え、病棟はご自宅により近い、温かい環境作りを目指します。
  4. 在宅へ向けてのサポートも行います。

関連ブログ

PDF形式の文書閲覧について

Adobe Acrobat Reader DC のダウンロードはこちらから。 PDF形式の文書閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。アドビシステムズ社より無償配布されておりますので、このスペース中のバナーをクリックしてリンク先からダウンロード願います。