人間ドック・健康診断

早期発見・早期治療のために

早期発見・早期治療のために

健康だと思っていても、身体の中は自分では気付かないうちに異変が起こっているかもしれません。現代社会では、特に生活習慣病、メタボリックシンドロームや悪性腫瘍(がん)などを抱える方が増えています。ご自分の健康状態を定期的に確認し、早期発見・早期治療をするため、当院の人間ドック・健康診断をご活用ください。

人間ドックでは、当院ならではの「苦痛の少ない内視鏡検査」を含めたコースや、女性特有の疾患を調べるコースを特徴としています。ほかには、生活習慣病予防検診や健康診断、内視鏡検査による胃・大腸がん検査や子宮がん・乳がん検査等の単独検査の受診も受け付けております。

人間ドック・健康診断のご紹介

人間ドックでは、受診者の方にお選びいただけるよう複数のコースを設けております。また、ご希望によりオプション検査の追加も可能です。

当院の人間ドック・健康診断は、全て予約制になっております。ご予約については、「予約方法・注意事項」をご覧ください。

ドック基本コース

1泊ドック(充実コース)

胃と大腸の内視鏡検査及び頭部MRI・MRAを含めたコース。腫瘍マーカー検査も充実しています。全ての特定健診項目を含みます。ゆったりとした時間の中でトータルチェックをしたい方のためのコース。大腸内視鏡検査前の下剤服用も院内で行います。

*1泊ドックの実施日は、月~金曜日(祝日、祝前日、年末年始は除く)となります。

日帰りドック(奨励コース)

胃内視鏡検査と全ての特定健診項目を含んだ日帰りコース。腫瘍マーカーは、オプションで対応可能です。

女性ドック(女性専用コース)

子宮がん・乳がん検査を含む、女性特有の疾患に対する検査を行います。全ての特定健診項目を含みます。

膵臓がんドック(専門コース)

膵臓がんの早期発見を目的としたコース。MRCPや腹部MRI、腫瘍マーカーを行います。特定健診項目は含まれていません。
*膵臓がんドックには、オプション検査が追加できません。


*人間ドックの結果報告書の作成には、2週間程度お時間をいただいています。お渡しの方法は、「郵送」または「医師の説明時に手渡し」からお選びください。
*人間ドック健診センターでは、お支払いに各種カードをご利用いただけます(JCB、VISA、MasterCard、AMERICAN EXPRESS、デビットカード、中国銀聯)。

内視鏡検査について

最大の特徴は、当院ならではの「苦痛の少ない内視鏡検査」を受けられることです。場合により病理組織検査も行います。また、同日に続けて胃と大腸の内視鏡検査を行えます。別々の日に受けるより、身体への負担は大きく軽減されます。

胃部内視鏡検査では、経口・経鼻の希望にお応えしております。咽頭反射が起こらず、検査時の苦しさが軽減される経鼻内視鏡を希望の方は、ご予約時にお申し出ください。
*鼻の疾患がある方は、検査できない等の制限もございますのであらかじめご了承ください。

ドックの流れ

ドックの流れ
  • 内視鏡を含むコースの例。
  • 状況により、検査の順番が変更されることがあります。

ドックのオプション検査

人間ドックには、オプション検査が追加できます。追加検査を希望される方は、ご予約時にお申し出ください。基本コースに含まれている場合もございますので、人間ドック検査項目一覧をご確認ください。

大腸内視鏡検査

大腸を内視鏡で観察します。前日より検査の準備が必要となります。近年増加傾向にある大腸がんは、早期に発見すれば治ります。定期的な検査をお勧めします。

ピロリ菌検査(血液検査:抗体測定法) 

ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染の有無を検査します。ピロリ菌は、胃・十二指腸潰瘍及び胃がんの原因になるといわれています。検査は血液検査で行いますので、ピロリ菌の除菌治療後の判定には使えません(除菌治療後の判定をご希望の方は、消化器内科にご相談ください)。

胸部・腹部CT検査

X線によるコンピューター断層撮影で各臓器の形態や病変の有無、確定診断を行うのが目的です。胸部CT は、肺がんの検査に有効だといわれています。また、腹部CT では、内臓脂肪測定も行うことができます。

頭部MR検査

頭部MRI・MRAにより脳実質や血管の状態を調べます。くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の早期発見や、脳梗塞、脳の萎縮など痴呆の原因となる脳疾患が検出できます。

肺がん検査(喀痰細胞診検査)

喀痰の悪性細胞の検出を行います。慢性的にせき、痰が出る方や、喫煙者の方にお勧めします。

前立腺がん検査(血液検査:PSA)

前立腺がんの腫瘍マーカーを測定します。早期の前立腺がんの検出に非常に有効な検査です。男性のみの検査となります。

乳がん検査(マンモグラフィー・乳腺エコー)

レントゲンやエコー検査により、乳がん等の乳腺疾患を調べます。乳がんの早期発見に有用な検査です。

骨密度測定検査(骨塩定量検査)

骨粗鬆症は骨密度が低下した状態で、骨折や腰痛の原因になります。特に女性や、カルシウム不足と思われる方は一度受けられることをお勧めします。

腫瘍マーカー(血液検査:AFP・CEA・CA19-9)

肝臓、胃、大腸、肺、膵臓、胆のう等のがんなどに対する腫瘍マーカーを測定する項目です。

HIV検査(血液検査:HIV抗体)

HIV検査です。エイズ感染の有無を血液検査で調べます。

甲状腺機能検査(血液検査:FT3・FT4・TSH)

甲状腺ホルモンの検査です。甲状腺機能亢進症、低下症の診断をします。急激な体重の変化のある方や、頸部(首の前面)の腫れを指摘された方などにお勧めします。