ペインクリニック内科外来

痛みが悩みになる前に

痛みは周りの人には、なかなか理解されないものです。痛みのことを誰にも相談できずに一人で悩んでいませんか?

ペインクリニック内科では、まずじっくりお話を聞くことから始めます。痛みを治療するには、痛みを和らげることはもちろんですが、痛みを理解すること、正しいリハビリにより機能回復を促し、日常生活に支障をきたさないような状態に持っていくことを目標にしています。

痛みでお悩みの方が、できるだけ早く「痛みの悪循環」から解放されるよう、ペインクリニック内科の医師、スタッフ一同でお手伝いします。

主な診療対象

  • 腰痛、下肢痛(市販の鎮痛薬で改善しないような腰や足の痛みやしびれ)
  • 帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛(帯状疱疹とその後の痛み)
  • 頚肩腕症候群(長引く首、肩、腕の痛みやこり 例)五十肩、肩関節周囲炎など)
  • 頭痛(片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛など)
  • 三叉神経痛(顔面の激しい痛み、発作的に起こる顔面痛など)
  • 多汗症

診療の特徴

日本ペインクリニック学会 指定研修施設

日本麻酔学会 認定施設(平成26年10月1日認定)

初診当日の検査・診断が可能

当院では、初診の患者さんについても、当日のうちに必要な検査(血液検査、レントゲン検査、心電図、血行検査、骨密度検査、MRIなど)を行い、検査結果を説明したうえで症状の緩和に最適な治療方法を提案し、患者さんの希望に沿った治療方法を提供しています。

神経ブロック療法について

神経ブロック療法とは、痛みに関わりのある神経やその周辺に局所麻酔薬を注入して、痛みや筋肉の緊張を和らげることで、血行の改善と炎症の収束、自律神経の機能改善を促す治療方法です。

当院では、治療を安全に受けていただくため、可能な限り超音波(エコー)を使用して、できるだけ細い針を使用したブロック療法を行っています。

当院で主に行っているブロック療法

  • 星状神経節ブロック療法
  • 硬膜外ブロック療法
  • 傍脊椎神経ブロック療法 
  • トリガーポイントブロック療法
  • 筋膜ブロック療法

その他の治療方法

痛みを緩和していくための薬物療法、理学療法も行っています。また、長く痛みを伴った症状の緩和には、体質改善を促すような漢方薬も処方しています。

稀な疾患の治療として、顔面けいれん、脳梗塞後の上下肢の痙縮に対してのボトックス治療を行っています。

また、難治性の疼痛に対する脊椎刺激療法にも取り組んでいます。多汗症について、腋下の多汗症にはボトックス治療があり、その他の多汗症についてはご相談ください。

担当医

 

診療担当医表はこちらから

 
*ペインクリニック内科外来は、初診・再診とも予約制となっております。ご予約・変更については、電話予約センターをご利用ください。

各科ブログ

PDF形式の文書閲覧について

Adobe Acrobat Reader DC のダウンロードはこちらから。 PDF形式の文書閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。アドビシステムズ社より無償配布されておりますので、このスペース中のバナーをクリックしてリンク先からダウンロード願います。