医師紹介

浜畑 幸弘(はまはた ゆきひろ)

浜畑 幸弘
役職院長
担当 消化器外科 大腸・肛門外科 内視鏡 骨盤臓器脱 
経歴昭和59年3月 横浜市立大学医学部卒業
昭和61年 横浜市立大学医学部病院第2外科 入局
昭和61年6月 - 62年5月 関東逓信病院
昭和62年6月 - 63年5月 癌研究会附属病院外科
平成9年4月 - 21年5月 東葛辻仲病院
平成21年6月 辻仲病院柏の葉 副院長に就任
平成27年3月 辻仲病院柏の葉 院長に就任
認定資格・所属学会日本大腸肛門病学会 専門医、評議員
日本外科学会 認定医
日本消化器内視鏡学会 専門医
米国内視鏡学会(SAGES)
米国結腸直腸外科学会(ASCRS)
患者さんへのメッセージがんばります。よろしくお願いします。
院長あいさつ・インタビュー院長あいさつ・インタビューへ

堤 修(つつみ おさむ)

堤 修
役職副院長、大腸・肛門外科部長
担当 消化器外科 大腸・肛門外科 内視鏡 
経歴昭和62年3月 北里大学医学部卒業
北里大学病院東病院外科、ドイツ ブラウンシュバイク(Braunschweig)市立病院外科、新東京病院外科などを経て
平成13年4月 東葛辻仲病院 勤務
認定資格・所属学会日本大腸肛門病学会 専門医、評議員
日本大腸肛門病学会 専門医・指導医、評議員
日本外科学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本消化器外科学会 認定医
患者さんへのメッセージ肛門科を中心に消化器外科、内視鏡検査を行っています。

赤木 一成(あかぎ かずなり)

赤木 一成
役職肛門外科部長、骨盤臓器脱センター長
担当 骨盤臓器脱 大腸・肛門外科 内視鏡 
経歴平成6年 九州大学医学部卒 同第二外科入局
九大病院大腸肛門病研究室および関連病院を経て、
平成14年 東葛辻仲病院
平成19年 アルト新橋クリニック(東京分院)院長
平成23年 辻仲病院柏の葉 勤務
認定資格・所属学会日本外科学会 専門医
日本大腸肛門病学会 専門医・指導医(IIb:肛門外科)、評議員
日本女性骨盤底医学会
日本女性骨盤底医学会
日本骨盤臓器脱手術手技学会
日本消化器内視鏡学会 専門医
患者さんへのメッセージ直腸肛門疾患や骨盤臓器脱など、骨盤底領域における良性疾患の治療を専門としています。専門領域は以下の通りです。

直腸肛門疾患(直腸脱、痔瘻、痔核、裂肛など)
骨盤臓器脱(子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤、腟脱など)

2002年に辻仲病院に入職以来この道一筋で腕を磨き続け、これまでに5000件以上の直腸肛門外科手術・骨盤臓器脱手術を術者として手がけてきました。大腸内視鏡検査は、無送気軸保持短縮挿入法(無痛挿入法)の修行を続け、これまでに15000例以上の経験を積んできています。

こんな病気の治療を専門としています(著書・論文・学会発表など)

指山 浩志(さしやま ひろし)

指山 浩志
役職内視鏡部長、外科部長
担当 消化器外科 大腸・肛門外科 内視鏡 
経歴平成6年3月 千葉大学医学部卒業
千葉大学医学部第2外科、公立長生病院外科などを経て、
平成18年4月 東葛辻仲病院 勤務
認定資格・所属学会日本外科学会 専門医・指導医
日本大腸肛門病学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医
日本がん治療認定医機構 認定医・暫定教育医
日本体育協会認定スポーツドクター
日本ボート協会医科学スタッフ
JMJA認定ランニングドクター
患者さんへのメッセージ消化器外科・肛門科手術と共に内視鏡治療(EMR,ESD等)も行っています。スポーツドクターとしての活動もしています。

根本 一彦(ねもと かずひこ)

根本 一彦
役職消化器外科医長
担当 消化器外科 大腸・肛門外科 内視鏡 
経歴平成5年 3月北里大学医学部卒 同外科入局
新東京病院、東芝林間病院等の大学関連病院を経て
平成26年 4月 辻仲病院柏の葉 勤務
認定資格・所属学会日本消化器内視鏡学会 専門医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本内視鏡外科学会、大腸肛門病学会、日本消化器外科学会所属
患者さんへのメッセージ安心・信頼して治療を受けていただけるように努めたいと思います。よろしくお願いします。

安田 卓(やすだ たかし)

安田 卓
担当 消化器外科 大腸・肛門外科 内視鏡 
経歴平成9年3月 琉球大学医学部医学科卒業
同年 琉球大学第一外科、以降同関連施設
平成17年1月 川越胃腸病院
平成24年9月 辻仲病院柏の葉 勤務
認定資格・所属学会日本外科学会 認定医・専門医
日本大腸肛門病学会 専門医(IIb:肛門外科)
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医

【所属学会】
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本内視鏡外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本大腸肛門病学会
日本消化器病学会
日本腹部救急医学会
日本臨床外科学会
患者さんへのメッセージ丁寧でわかりやすい診療を心掛けています。どうぞよろしくお願いします。

鹿野 新吾(かの しんご)

鹿野 新吾
担当 消化器外科 大腸・肛門外科 内視鏡 
経歴平成11年京都府立医大卒業、
京都民医連中央病院、大阪大学麻酔科、大阪府立急性期総合医療センター麻酔科、大阪府立成人病センター消化器外科等を経て、
平成23年4月より辻仲病院柏の葉勤務
認定資格・所属学会認定資格:日本外科学会専門医、麻酔科標榜医、日本救急医学会ICLSインストラクター
所属学会:日本消化器外科学会、日本内視鏡外科学会、日本大腸肛門病学会
患者さんへのメッセージ大腸・肛門領域を中心に診療しております。お気軽にご相談ください。

赤井 崇(あかい たかし)

担当 消化器外科 大腸・肛門外科 内視鏡 
経歴平成8年3月 千葉大学医学部卒業
千葉大学医学部第2外科、下都賀総合病院、熊谷総合病院などに勤務
平成28年5月 辻仲病院柏の葉 勤務
認定資格・所属学会医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
がん治療認定医
ヘリコバクターピロリ感染症認定医
患者さんへのメッセージ丁寧な診療を心がけています。よろしくお願いいたします。

前田 孝文(まえだ たかふみ)

前田 孝文
担当 消化器外科 大腸・肛門外科 骨盤臓器脱 内視鏡 
経歴平成13年3月 京都府立医科大学卒業 京都府立医大外科入局
平成15年4月 - 平成17年3月 京都府立与謝の海病院 外科
平成17年4月 - 平成19年3月 自治医科大学附属さいたま医療センター 外科
平成19年4月 自治医科大学大学院 入学
平成22年4月 - 9月 南カリフォルニア大学 大腸外科 リサーチフェロー
平成23年3月 自治医科大学大学院 卒業
平成23年4月 自治医科大学附属さいたま医療センター 外科
認定資格・所属学会医学博士
日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本大腸肛門病学会 専門医
消化器がん外科治療認定医
身体障害者福祉法指定医(ぼうこう又は直腸機能障害、小腸機能障害)

【所属学会】
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本大腸肛門病学会
日本内視鏡外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本消化器病学会
日本臨床外科学会
日本女性骨盤底医学会
日本骨盤臓器脱手術学会
日本カプセル内視鏡学会
患者さんへのメッセージ安心・信頼して治療を受けていただけるよう努めたいと思います。よろしくお願いします。

武藤 頼彦(むとう よりひこ)

担当 消化器外科 大腸・肛門外科 内視鏡 
経歴平成14年3月 東邦大学医学部卒業 同年千葉大学医学部第2外科入局
千葉大学医学部食道胃腸外科、静岡県沼津市立病院、千葉県がんセンターなど勤務
平成29年4月 辻仲病院柏の葉 勤務
認定資格・所属学会【認定資格】
医学博士
日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医

【所属学会】
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本内視鏡外科学会
日本内視鏡学会
日本大腸肛門病学会
患者さんへのメッセージ丁寧な医療を提供することを日々心がけています。よろしくお願いします。

川村 敦子(かわむら あつこ)

担当 消化器外科 大腸・肛門外科 内視鏡 
経歴平成17年 東京女子医科大学医学部卒業
虎の門病院外科 臨床研修医
東京女子医科大学付属病院 医療練士修了
平成24年 辻仲病院柏の葉 勤務
認定資格・所属学会日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
患者さんへのメッセージ少しでも皆様のお役に立てるよう、がんばります。よろしくお願いいたします。

森田 洋平(もりた ようへい)

森田 洋平
担当 消化器外科 大腸・肛門外科 内視鏡 
経歴平成19年 杏林大学医学部医学科卒業
認定資格・所属学会日本外科学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医
消化器がん外科治療認定医
日本大腸肛門病学会
日本内視鏡外科学会
患者さんへのメッセージ誠心誠意の医療を心がけますのでよろしくお願いします。

大橋 一雅(おおはし かずまさ)

大橋 一雅
役職副院長、内科部長
担当 内科 
経歴昭和53年東京大学卒。
東京大学病院にて研修後、会津若松竹田総合病院、都立広尾病院、藤枝市民病院、明海大学病院、国立療養所多磨全生園、名戸ヶ谷病院、吉川中央総合病院を経て平成24年12月1日より辻仲病院柏の葉勤務。
認定資格・所属学会医学博士

【認定資格】
日本外科学会専門医

【他所属学会】
緩和ケア講習会、認知症講習会 受講終了
患者さんへのメッセージ年齢と共に疾病の数は急増するといわれています。従って、無病息災でいられることの方が奇跡といわれるほどです。高齢化社会を向かえ、複数の病気と付き合いながら明るく元気でいることが大事だと考えています。

私は常日頃、患者さんの心のケアを含む全体像をみる総合的な診療力を研鑽しています。糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病はもとより、泌尿器疾患、甲状腺疾患、認知症、がん緩和ケアなどの幅広い分野で診療を行っています。

当柏の葉の地においても、患者さんに満足できる安心・安全な良質の医療を提供できたらと考えています。

三木 健司(みき けんじ)

三木 健司
担当 内科 
経歴昭和63年 東京大学医学部卒業
東京大学医学部第二外科(現 肝胆膵・人工臓器移植外科)入局
竹田総合病院 社会保険中央総合病院 東京大学医学部附属病院 公立昭和病院 JR東京総合病院 を経て
平成29年9月より辻仲病院柏の葉 勤務
認定資格・所属学会【認定資格】
医学博士
日本外科学会 指導医 専門医
日本消化器外科学会 指導医 専門医
日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医 評議員

【所属学会】
日本臨床外科学会 評議員 
日本大学消化器外科 兼任講師
患者さんへのメッセージこれまで消化器外科医をやってきましたが、この病院ではこれまでの経験も生かして総合内科医として働くこととなりました。高血圧や糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病は息の長い治療が必要です。患者さんのよきトレーナーとして患者さんに寄り添った診療を目指しています。柏の葉地域のかかりつけ医としての役割を果たしていきたいと思っていますのでどうぞよろしくお願いいたします。

関谷 雄一(せきや ゆういち)

関谷 雄一
役職緩和ケア内科部長
担当 緩和ケア内科 
経歴昭和59年 千葉大学医学部卒業 千葉大学病院および千葉県がんセンター等にて放射線治療に従事
平成11年~上尾甦生病院、つくばセントラル病院、聖隷佐倉市民病院等にてがん緩和医療に従事
平成25年9月より辻仲病院柏の葉勤務
認定資格・所属学会日本緩和医療学会暫定指導医

【所属学会】
日本緩和医療学会
日本死の臨床研究会
患者さんへのメッセージ皆様により良い毎日をお過ごしいただけますようお手伝いさせて頂きたいと思っております。何でもお気軽にご相談ください。

村越 直人(むらこし なおと)

村越 直人
役職消化器内科医長
担当 消化器内科 内視鏡 
経歴1990年 千葉大学医学部卒業
1990年~2009年 国保旭中央病院
2009年~2015年 総合守谷第一病院
認定資格・所属学会日本内科学会総合内科 専門医
日本消化器病学会 専門医、指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医
患者さんへのメッセージこれまでの経験を生かして、少しでもみなさんのお役に立てるようにがんばります。

樋口 良太(ひぐち りょうた)

樋口 良太
担当 消化器内科 内視鏡 
経歴平成3年 浜松医科大学卒業
浜松医大医学部第1内科、藤枝市立総合病院、昭和大学藤が丘病院、厚生中央病院などを経て、
平成27年3月辻仲病院柏の葉勤務
認定資格・所属学会日本内科学会 認定医
総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医、指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医、指導医
日本がん治療認定医機構 認定医、暫定教育医
患者さんへのメッセージ病院の理念に忠実な診療を心掛けていきます。よろしくお願いします。

下山 義博(しもやま よしひろ)

担当 消化器内科 内視鏡 
経歴平成6年 聖マリアンナ医科大学卒業
聖マリアンナ医科大学病院アレルギー膠原病内科にて研修後、北里大学病院消化器内科入局
平成27年9月より辻仲病院柏の葉勤務
認定資格・所属学会日本内科学会 内科認定医
患者さんへのメッセージこれまで消化器内科を中心に内科一般を診療してきました。地域医療に貢献できるよう、頑張って参りますのでよろしくお願いいたします。

伊東 英里(いとう えり)

担当 消化器内科 内視鏡 
経歴平成17年 札幌医科大学医学部卒業
平成29年9月より辻仲病院柏の葉勤務
認定資格・所属学会【認定資格】
日本内科学会総合内科 専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本肝臓学会肝臓 専門医
患者さんへのメッセージ地域の皆様に貢献できるよう頑張ります。よろしくお願いいたします。

中村 公子(なかむら しょうこ)

担当 消化器内科 内視鏡 
経歴平成18年 慶應義塾大学医学部卒業
済生会中央病院 初期研修医
慶応義塾大学病院
日本鋼管病院
浦添総合病院
国立がん研究センター中央病院
認定資格・所属学会【認定資格】
医学博士
総合内科専門医・日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医

【所属学会】
日本緩和医療学会
臨床腫瘍学会
患者さんへのメッセージ皆様のお役に立てるよう頑張ります。よろしくお願いします。

鈴木 博久(すずき ひろひさ)

鈴木 博久
担当 消化器内科 内視鏡 
経歴平成23年 防衛医科大学校卒業
平成23年~平成25年 防衛医科大学校病院、自衛隊中央病院 臨床研修
平成25年~平成28年 自衛隊札幌病院、草加病院
平成28年10月~ 辻仲病院柏の葉勤務
認定資格・所属学会日本内科学会 内科認定医
患者さんへのメッセージ丁寧な診療を心がけています。よろしくお願いします。

山田 清彦(やまだ きよひこ)

山田 清彦
役職婦人科部長、臓器脱チームリーダー
担当 婦人科 骨盤臓器脱 
経歴昭和53年 群馬大学医学部
昭和58年 群馬大学大学院卒
昭和61 - 63年 アレキサンダーフォンフンボルト財団奨学研究員 西ドイツ キール大学婦人科病院
平成14年 - 23年 前橋赤十字病院産婦人科部長
認定資格・所属学会日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科 内視鏡学会技術認定医
日本医師会認定産業医
患者さんへのメッセージ月経に関連する症状、月経困難症、慢性骨盤痛、月経前不快気分障害等は、日常の生活の質(QOL)を著しく低下させる場合があります。近年の医学の進歩により、これらの疾患に対して、QOLを下げないような治療法が開発されています。

月経いわゆる生理にともなう不快な症状は、仕方がないもの、治療しないで我慢するものとしてあきらめるものではありません。子宮内膜症等の治療を多数手がけてきた経験に基いて、適切な診断、治療、そして助言を行ってゆきたいと存じます。

西澤 知佳(にしざわ ちか)

担当 婦人科 骨盤臓器脱 
経歴香川大学医学部医学科 卒業
千葉西総合病院 臨床研修医
聖路加国際病院 女性総合診療部
IVFなんばクリニック
香川大学 同産期科女性診療科
認定資格・所属学会日本産科婦人科学会 専門医
日本産科婦人科 内視鏡学会
日本生殖医学会
患者さんへのメッセージ分かりやすい説明を心掛けて診療いたします。悩んでいる方は安心して受診してください。

原 愼(はら まこと)

原 愼
役職副院長
担当 泌尿器科 
経歴1978年東京大学医学部卒業、東大病院 泌尿器科医局入局。
国立国際医療センターを皮切りに、東京都内有力病院勤務後、1993年より柏厚生病院勤務。柏市地域医療に携わる。
2009年6月開院と同時に当病院に勤務。
認定資格・所属学会医学博士
日本泌尿器科学会会員
身体障害者福祉法指定医
患者さんへのメッセージ泌尿器科医30年の経験を生かし、バランスの取れた医療を目指します。
当院では前立腺肥大症に対する、最新式器機、オリンパス社、TURISを購入しました。
従来の機器に比べ出血量が格段に少なく、安全に行えます。尿失禁、尿道脱等、 中年以降の女性特有の疾患に対し、力を入れて参ります。

佐藤 俊和(さとう としかず)

佐藤 俊和
役職泌尿器科部長
担当 泌尿器科 
経歴平成2年大分医科大学卒業
東京大学病院分院、社会保険埼玉中央病院、都立豊島病院、三井記念病院、虎の門病院を経て、平成12年東京逓信病院勤務
平成27年2月より辻仲病院柏の葉勤務
認定資格・所属学会日本泌尿器科学会専門医、指導医
患者さんへのメッセージ体にやさしい侵襲の少ない治療をこころがけています。

河内 泰(かわうち やすし)

河内 泰
役職麻酔科部長、手術室部長
担当 麻酔科、ペインクリニック内科 
経歴金沢医科大学 卒業
順天堂大学医学部付属順天堂医院 麻酔科
都立墨東病院 麻酔科
都立駒込病院 麻酔科
順天堂浦安病院 麻酔科ペインクリニック
認定資格・所属学会麻酔科標榜医
日本麻酔科学会 指導医、専門医
日本ペインクリニック学会 専門医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定スポーツドクター
患者さんへのメッセージ術後、できるだけ痛みのないような麻酔管理に努めます。

喜多 俊明(きた としあき)

喜多 俊明
役職漢方未病治療センター長
担当 漢方内科 
経歴昭和60年 富山医科薬科大学医学部卒業
平成11年 富山医科薬科大学和漢薬研究所漢方診断学部門 助教授
平成15年 千葉大学環境健康フィールド科学センター 准教授
平成16年 千葉大学柏の葉診療所 所長(兼任)
平成25年 辻仲病院柏の葉 漢方未病治療センター長
認定資格・所属学会日本東洋医学会専門医・指導医
日本未病システム学会評議員・未病医学認定医
和漢医薬学会評議員
患者さんへのメッセージ病気は、重症になってから治療してもなかなか良くなりません。早め早めに対処することで、健康な状態を維持することができます。

検査で異常がなくても、自覚症状があれば漢方治療の適応になるのです。漢方未病治療センターでは、自覚症状の改善とQOL(生活の質)の向上を目指しています。